HOME > コスモスの植え方豆知識

コスモスの植え方豆知識

発芽生育温度

発芽適温 20℃前後
生育適温 20~25℃

播種ほ場

排水が良く地力のないほ場が良く、肥料が残っている場合は太茎となって品質(開花量)が悪くなるので、無肥料とし不足する場合は追肥(少量)します。
なお、コスモスは荒れ地でも育つ丈夫な植物ですが、停滞水(湿地)には弱いので、露地植えする場合は水はけが良く風通しの良いところを選びます。
また、よく耕し床を少し盛り土にすると良いでしょう。

種まき

タネは他の花タネより比較的大きく、よく発芽するので直播でもポット植えでも可能です。約1cm程度の深さに2~3粒ずつ約15~20cm間隔に植えます。それ以上深くすると種腐れを起こし発芽率が悪くなります。覆土した後は軽く鎮圧すると良いでしょう。

種のまき方

育 苗

苗が成長しないうちに間引くことが大切です。2~3回に分けて間引き、最終的に1本にします。箱まき、ポットまきの場合は双葉の内に密生したところを間引き、その後は葉が触れ合う程度を保つと良いでしょう。
間引きは本葉が3~4枚までに終わらせてください。密生したままにすると、株の成長が悪くなり、カビが発生することもあります。
基本的に肥料を与える必要はありませんが、与える場合は化成肥料を株元に少量与える程度です。

管 理

日当りの好い所で良く育ちます。日照不足になると細いうえに、花付きも悪くなるため日当りが良く風通しの良いところを選んでください。水やりはほとんど要りませんが、葉が弱ってきたら根に十分浸透する位水を与えてください。
草丈が高くなるにつれ、倒伏しないように支柱を立てると良いです。
病害虫による特に大きな被害を受けることがありませんが、ウドンコ病や育苗時にアブラムシやハダニが付くことがありますが、注意し早めに殺虫剤をまき駆除すると良いでしょう。

ページの上に戻る

観光のお問い合せ

  • (一社)えんがる町観光協会
  • 遠軽町経済部商工観光課
  • 太陽の丘えんがる公園 虹のひろば管理棟